STRAYLIGHZ

KAWASAKI GPZ400R乗り。30代後半から一気にバイク熱が再燃しちゃった人。たまにロードバイク。あとカメラとかデザインとかウェブとか。

今だからあえて選ぶおすすめコンデジ「Canon PowerShot G7X」のメリットとデメリット

f:id:straylighz:20170205200243j:plain

普段は仕事で5DMark4を使っていますが、以前からポタリングやツーリングに行った時などにサブ機として気軽に撮れるコンデジが一つあればなぁと思っていました。

そこで購入したのがCanonのPowerShot G7Xです。

スマホでも良い写真は撮ることはできるけれど、それでもやっぱり1型センサー搭載のコンデジの描写力は魅力的。

 

好きなところ

f:id:straylighz:20170205195936j:plain

コンパクトなやつだけど所有欲は満たしてくれる

コンデジの良いところは気軽に持ち歩けてキレイな写真をサッと撮れるところ。この機動力のおかげで「撮る」ということが億劫になりません。G7Xよりもコンパクトで軽いモデルもたくさんありますが、自分としてはこのスペック・機能・大きさと重量・価格は実に絶妙なバランス!

高級コンデジと謳われているだけに、そこそこの値段はします。ただ、価値はそれ以上。持っているというだけで所有感があり使っていくほど愛着が湧いてきます。

 

 

f:id:straylighz:20170205200229j:plain

チルト液晶&タッチパネルが便利

バイクなんかを置き撮りするときはローアングルから狙うシーンが多いので、このチルト液晶はとても役立ちます。180度チルト回転するので自撮りもできちゃう。

そしてタッチパネル。画面にタッチしてフォーカスを合わせたり、撮った画像を拡大して確認したいときのピンチ操作など直感的に行えます。ISO感度やシャッタースピードや絞りやらの撮影の基本的な設定の操作はダイアルで覚えちゃった方がラクかも。

 

 

f:id:straylighz:20170205200702j:plain

Wi-fiが使える

スマホに「Camera Connect」というアプリをインストールしておけば、撮った写真をスマホで確認できる。そして転送も。SNSでシェアする時は便利ですね。ちなみにリモート撮影もできますが、フォーカス合わせなどができないっぽい。Canonさんアプリのバージョンアップお願いします。

 

 

あまり好きじゃないところ

一眼レフと比べるとやっぱり操作が分かりづらい

手軽に、簡単に、より多くの人に使ってもらいたいというメーカーの思いがたくさん詰まったコンパクトなデジタルカメラ。初心者でもわかりやすいように親切な機能もたくさん詰まっています。この小さなボディの中に一眼レフカメラよりもたくさんの機能を詰め込んでいるのだから仕方がないんだろうけど、そのぶん操作が複雑になっているような印象。例えば設定を変えたい時にすんなりいかずにモタついてしまうこともしばしば。んま、使わない機能もたくさんあるので、このあたりは慣れてしまえば平気なんだろうけど。

 

無造作にカバンに入れておくのがなんだか心配

ウリはやっぱりその機動性なワケですが、そのままポンとカバンの中に放り込んで大丈夫なのか少し心配。液晶のキズとかレンズ前面のシャッター部分歪まないかな、とか。G7X用のケースも発売されていたりするので使い勝手の良いものを選んでみても良いのかも。ちなみに自分は今のところ液晶の保護フィルムとと純正のケースを買って装着しています。 

 

Canon ソフトケース (ブラック) CSC-G4BK

Canon ソフトケース (ブラック) CSC-G4BK

 

 

 

あえて選んだCanon PowerShot G7Xはバランスのとれた優等生

f:id:straylighz:20170205202422j:plain

実は、現在はこの上位機種であるG7XMark2も発売されています。

 

ですが、わたくしはあえてG7Xを選びました。

 

理由としては、

・上位機種であるG7XMark2が出たおかげで価格が下がっている

・G7XMark2と同じ1型センサーを搭載している

・普段使いレベルではDIGICの進化はそこまで気にならない

・2段階のバリアングル液晶は必要ない

です。

 

価格は5万円台でコンパクトでキレイな写真が撮りたい!自撮りもできてスマホにもカンタン転送!そんな願いを叶えてくれるのがG7Xだと思います。 

 

こいつを購入して、やっぱりカメラは持ち歩いてなんぼ!という気持ちにさせられました。見慣れた風景、歩き慣れた道でも、カメラを持ってうろちょろすると、見方が変わりますよね~!どこかに良いシーンが落ちてないかな、とアンテナを常に働かせるようになりました。

 

感性やスキルを高めていくのに必要なのは、やはり1日の中でどれだけ写真のことを意識をする時間を持つか、だと思います。

 

いま自分にとってお気に入りの1台になっているので、お!と思ってもらえるような1枚を撮るためにもっと使い込んでいきたいと思います!